日教組定期大会粉砕行動

皇紀二六七七年七月十五日、我々大日本愛国党は千代田区の日本教育会館で行われた日教組定期大会の中止と赤化教職員の排除、そして教育正常化を求め抗議行動を展開した。
公務員といたう国に守られている立場でありながら反体制を主張するというジレンマに疑問すら持たない労働者然とした不埒な教職員の殲滅が急務である。

 


デタラメな警備のため止むを得ずジャバラ前で抗議文の読み上げを敢行した。

 


手交に応じない日教組に対し選抜された精鋭が投函に向かう。

 


早急な解体を求めた抗議文を投函した。

 

この後、現場にて党員一名が機動隊により不当逮捕された。
[画像無し]

 

 

 

 


靖國神社にて日教組に対して勇猛果敢な運動を展開した奉告を行なった。

 

我々、大日本愛国党は悪辣日教組の一日でも早い解体を望み、これからも精進する次第です。