皇紀二六七八年 新春皇居一般参賀

皇紀二六七八年の曙光を仰ぎ、謹みて至尊の万歳と皇国の天壌無窮を寿ぎ奉ります。

天皇陛下の御言葉

畏き辺りに於かせられてはこの度、優握なるお言葉を賜り、我ら臣下一同、恐懼して感涙に咽びました。


靖国の杜に眠る英霊に敬頌新禧感謝の誠を捧げ政治刷新の誓い新たにす。