日中韓サミット粉砕行動

皇紀二六七八年五月九日
東京の迎賓館において第7回日中韓サミットが開催された。

日中韓サミット(安倍総理大臣,李克強中国国務院総理,文在寅韓国大統領)では日中韓協力の現状・将来について議論。協力の新たなスタートを切り,「開かれ包摂的な」日中韓協力に向けた連携を促進した。などというが、約束を守ることが出来ない反日国家との議論など無意味だとして抗議行動を展開した。

迎賓館へ抗議に向かう愛国党車両は四谷駅付近で過剰警備の当局により進行を妨害された。

迎賓館において果敢な抗議行動を展開した我々は次に帝国ホテルに向かったが日比谷交差点にてまたも過剰警備に行く手を阻まれた。

内閣府へ向かう党員

内閣府にて要望書を手交した。

五星紅旗と太極旗が交互に飾られる異様な光景